過去に未来が・・・

過去に未来が隠されていないだろうか。良かれと思って作ったものを今非難するより、次世代を睨み自然の恵みを考えながら新しい文明として進んでいくのも悪くはないと思う。

とSFJの代表守山さんが書いていたコラム。 こちら→
ゆっくりゆっくり、読みました。


9.11から5年。
昨日、観ていたTBSの番組で筑紫さんが「世界中の人がこのニュースを観ていて、その時に自分が何をしていたかを覚えている」ということをおっしゃっていた。
ハッキリ覚えている!
私は、妊娠発覚したばかりでつわりがひどく、部屋の電気を消して布団の中でゴロンとしながら、TVを付けていた。
目に飛び込んできた画像にガクガクふるえた。(アナウンサーが誰だったかも覚えている)
一人でいられなくて(まだ結婚していなかったから)、母がいる下へ降りた。
毎年、毎年思い出す。
テロに立ち向かう為、戦争という道を選んだアメリカ。
そしてそこで犠牲になった米兵の人数は、9.11で亡くなった人の数を越してしまったのだそう。
なんてことなの???

それから昨日は、あいのりを観た。
旅先は、ポーランドで。 訪れた場所がアウシュビッツの博物館だった。
ヒトラーによるユダヤ人の絶滅計画の為の大量殺人工場。
・・・・・わたし、あまり知らなかったのだ。 このお話。
観ていて、ビックリして苦しくて仕方なかった。
それで、博物館でボランティアで働いているドイツ人の若い子たちにお話を聞くのだけど、
「歴史を忘れたら人間はまた同じ事を繰り返すかも知れない。 だから私たちは歴史を学ぶ必要がある。 歴史を風化させないために若い世代が努力しないといけない。」
としっかりと答えていた。


過ぎ去ってしまった過去は、もう変えることが出来ない。
でもこの過去って、つい最近なんだ。
守山さんの「過去に未来が・・・」のコトバが頭から離れない1日だった。

f0042571_013244.jpg

右手にピースサインを!

もう終わりにしてほしい。 命は、生きるために与えられたものであって、
殺される為に、与えられたものでは無いんだから!!!

f0042571_0211225.jpg

こどもたちの未来が、どうかピースでありますように・・・
きっと多くの世界中の人たちが、想っていたのだろうな。
[PR]
by sachiko_clover | 2006-09-12 23:55 | diary