俊ちゃん、我が家へやってくる!

しーん
f0042571_2138351.jpg




かずまの保育園でクラス文庫というのがあり、
みんなで1500円ずつ出して18種類の本を購入。(18名のクラスなので)
1週ごとに違う本が借りれるシステム。
そして進級時に1冊ずつみんなにプレゼント。

かずまが今日借りてきたの、この ごほん。

f0042571_2140257.jpg




先日のブログで書いた
谷川俊太郎さん。
Caravanが思い出させてくれた
懐かしい詩。
シンプルなんだけどココロを
打たれたのだなぁ。
読んでみたいな。
なんて思っていたところに!
なんだかこれは運命だ!




しーんから始まるこのごほん。
ことばが少ないです。かなり少ない。
こども向けだからね、しかもかなり下の子向けっぽい。

でも運命感じた私は、やっぱりもっと読みたくなっちゃった!





***masayoちゃんにTB! 生きているということ・・・ 本当に素晴らしいこと。

           少しでもそう想える時間が多いように、私は生きていきたい。
           かずまとパパとばばだったり家族と・・・ お友達と。動物と。
           波乗りしたり、あみものしたりして。ポケーっと自分時間作ったり。           
[PR]
by sachiko_clover | 2006-07-26 21:47 | books&movies