泣いて!笑って! 東京砂漠!!

Caravan 「Wander Around」 TOUR FINAL 東京砂漠
(日比谷野外大音楽堂)へ行ってきました。

まず、
Caravanへ
とても優しくてステキな音楽をありがとう。
やっぱり生で聴くあなたの歌声や演奏は、素晴らしかった。
ほんとにシンプルでカラフルでピースフル。
シンプルなことば。
カラフルな表情・・・涙していたり、笑顔だったり色んな表情が野音にはあった。
ピースフル・・・うん本当にそんな空間でした。
1曲目のワゴンから大泣きのさったん。
悲しいからではなくて、ほんとにピースフルで嬉しくって、ポロリ。
たくさん泣いてたくさん笑っていたなぁ。
お月様を見上げながら。
また、必ず会いに行く!ずっと聴き続ける!ね。


今回のこのLIVEには、地元の親友のゆうたんと一緒に行きました。
私より背が高いのと、目がいいもんだからさ。
ゆらゆらしている中、こんなこと言ってたよ。
「あー、さったん! ここからたこおどりが見えるよー。
yoshi君、見える!」




あれっ? んふふ^^

今回はね、愛媛からやってくるmasayoちゃんと急遽参加が決まったleleさん
私の友達ゆうたんの4人。
leleさん、すぐ分かりました。 だって目の前にHULAガールが現れたんだもの。
例の麻ひもバッグ持ってね!
「れ、leleさんだよね・・・」と近寄る私。「さ、さったん?」
そのうち、masayoちゃんともすぐ合流して、
えっらい緊張している私は、「とりあえずビール飲もう!」
でカンペーイ!して。 お話しておりました。

これで終わると思ったでしょ?  がはは。

発案tamaちゃん 企画さったん
びっくりサプライズを企画していたのだ。
そらもう綿密にね。 こんなの私たちの手の上でコロコロよ!  うそ。
すっごいうそ。 どんなにドキドキだったか。
私の脇の下、汗だくなんですケド? ね、ゆうたん?

とりあえず、二人が席を外したスキを狙い、tamaちゃんと「やったー会えた!」
と痛いハグをし、計画続行! あー楽しみ。

まずは、masayoちゃんから。
さ「えー。私の友達なの。」 t「こんにちは」 m「こんにちは」
さ「(耳元で)tamaちゃんだよ」 m「・・・・・」 t「ポンッ!」
えっとねー、確実にオドロキのあまり心停止していましたね。masayoちゃん。
呼吸忘れていました。

その後、leleさんが戻ってきて。
さ「えー。私の友達なの。」 t「こんにちは」 l「あ~、こんにちは!」
t「tamaで~す」 l「なに?なに?なにーーー?」
とtamaちゃんだとようやく気づいたときには、泣き出すleleさん。
そんな光景を見て、私も泣いちゃったなー。

最高よ! うまいことやるね、私達。 いい番組つくったね。

leleさん:::ほんとにフラガールだった。キレイだわ~。でもごめん。もっとおっとりかと思ってた。 終始テンション高め^^ でもすっごい緊張がほぐれちゃった。ありがとう。
次は、海で会えるね^^ 一緒にまた遊んでね!

masayoちゃん:::もーね、イメージ通り。 きゃわいい。 ほっとけないの、あなたのこと。
何してても「かわいいなー」って言ってたよね、私。 人生は、波ありだけどがんばれ!
全てがうまくいきますよーに!

tamaちゃん&yoshiぶぅ:::たぶん、10年前くらいから友達だよね、きっと。
知ってたんだと思う。 それくらい普通。 噂のY&Tカッポーに会えてハッピー。
tamaちゃんが被ってた帽子と靴。すっごい好みなんですケド?どこで売ってるん?

ダーリンofはっぴー:::はっぴーちゃんに会う前に噂のスゥィーティーなダーリンに会うなんて! はっぴーちゃんへ。確かにすっごいかっこよかったよ! leleさんとほんとスィートなダーリンだねー。ってひそひそ話してたよ。 幸せにね♪ 
f0042571_2325054.jpg
f0042571_22564792.jpg


神様へ
私にこんなステキな出会いと音楽を与えてくれて、ありがとう。
本当にありがとう。

30代、まだまだ捨てたもんじゃないぞ!
こんなステキなことがたくさんあるなんて、思ってもみなかったから。
ありがとう。

友達の友達は、みんな友達なんだって。
はっぴーちゃんが言ってたよ。
タモさんも言ってたって。
これがあれば、世界平和にならない?

            

            最後まで読んでくれてありがとうございます。
[PR]
by sachiko_clover | 2006-06-05 23:04 | diary